春はケガにご注意を - ランサポート北海道

体のケア、ケガ、痛みの対処

春はケガにご注意を

札幌市内の道路も雪が溶け、ランナーにとっては外で走ることができる待ちに待った季節がやってきました。

私も昨日は約20kmほど1km4分半ペースで走ってきました。

ただ、この時期に注意しなければならないのがケガによる故障です。

冬の間もある程度トレーニングができていたのであれば問題はないのですが、ほとんどトレーニングをしていなかったのであれば知らず知らずのうちに筋肉が落ちています。

特にふくらはぎや太ももの筋肉が落ちると足首、膝といった関節への負担が大きくなり故障に繋がってしまいます。

せっかく走ることができる環境になったのに、ケガをして痛みのため走ることができないのはもったいないです。

春先は無理をせず遅いペースで自分のフォーム確認をしながらゆったりと走ることをお勧めいたします。

ゆったりペースを1週間くらい続けてみて特にどこにも痛みが出ないのを確認してから、まずは5kmくらいの短い距離を少し早いペースで走ってみましょう。

そこからだんだんと距離を伸ばしていくといいと思います。

とにかく痛いところを作らないということがこの時期には大切なところです。

※この時期は大気汚染物質pm2.5の飛散で空気があまり良い環境とは言えませんのでその辺も注意しながら走りましょう。

-体のケア、ケガ、痛みの対処