冬場の練習 - ランサポート北海道

トレーニング マラソン

冬場の練習

例年、10月の大会が終わった後は外での練習をしないで週1回体育館でランニングマシンを使っての練習のみでした。

冬の外は雪が積もって滑って危険というのがあり敬遠していたのですが、11月から3月までで体重が平均4キロくらい増加。

4月に行われる伊達ハーフマラソンにはベスト体重には持って行けず辛い思いをしていました。

フルマラソン2時間50分切りを目標とした今季は目標達成できなかったので、来季こそはと心を入れ替えて冬でも外でのランニングを続けています。

ただ、冬道はやはり危険で滑って転んで腕を負傷となると仕事ができなくなり死活問題になりますので、冬季間はここで練習をすることにしました。

ここはどこかと言いますと家の近くのJR学園都市線にかかる高架橋で、距離が頂上まで約250メートルの登り坂です。
下から頂上まで16メートルほど登りますので傾斜角が4度ほどのところをダッシュで登り下りはジョグでを10回繰り返します。

ここの歩道は雪が降っても小型の除雪車で雪をよけてくれるので比較的走り易くなっていますが、蹴った足が滑り前に進みづらいのでトレーニングにはもってこいの場所です。

外でのトレーニングを一日置きぐらいに行い、土曜日には体育館のランニングマシンを16キロに設定して30分間を2回走り込みます。

結果がどうなるかは4月のお楽しみです。

-トレーニング, マラソン